国籍や性別問わず利用されている

シェアハウスとは一つの家を複数の人で利用することです。部屋はプライベートが守られる個室ですがキッチンやお風呂、トイレなどは共同で使用します。利用者についてはマンションやアパートなどに比べて比較的外国人の利用者が多いですし、女性で利用されている方もたくさんおります。建物は一軒家だけではなく以前はマンションや寮として使われていた建物のありますので、多い場合は100人ほどの利用者が集まるシェアハウスもあります。最近ではデザイン性の高いおしゃれなシェアハウスも登場しています。

シェアハウスのメリット

シェアハウスのメリットの一つには費用負担を抑えられることがあります。賃貸マンションを借りるよりも家賃は安くすみますし、水道光熱費やインターネット接続料金などの負担も必要のない場合があります。また家具や家電なども設置されていますので、新たに準備する必要がありません。その他のメリットとしては他の入居者と交流が図れるということです。マンションやアパートに入居してもなかなか近所付き合いは出来ませんが、シェアハウスでしたら自然とコミュニケーションを取れる機会が多くあります。

利用する上で気を付けておきたいこと

楽しい生活を想像してしまうシェアハウスですが、利用を検討している場合には気をつけておきたいこともあります。あくまでも共同生活ですので、お互いルールを守ることが大切です。多くの人が集まりますので、当然様々な考え方を持っている人がいます。そのため、いざ入居したとしても相性が合わない場合は生活を続けていく上で精神的に負担が生じてしまう場合があります。またトイレやお風呂などの利用時間が重なってしまって使えない場合もありますし、衛生面で気になることが出てくる恐れもあります。

同じ目的や同じ世代、同じような生活スタイルの人たちが集まり、互助の中で共同生活をするタイプには防犯面を強化した女性専用や情報交換や投資情報などを充実させた起業家限定のシェアハウスなどがあります。

Categories: 未分類

Comments are closed.