ウェブを活用して、集客効率アップ

最近はウェブを使ったマーケティング戦略が当たり前の時代となってきました。多くの方がインターネットで情報を簡単に入手できる時代です。ウェブサイトを効率的に運用する事で多くのメリットがあります。営業活動にかかるコストも飛躍的に削減できますので、経費の大幅な削減も可能となってきますし、消費者に明確に訴えかける事のできるサイトが人気を博しています。まだウェブを会社の販売促進い導入していない会社は是非、検討してみて下さい。

ネットとリアルの相乗効果を期待する。

ネットとリアルの相乗効果で売上を大幅に伸ばしている会社が多く見られますが、ファッション業界はその傾向が特に顕著です。実店舗を持っている場合でも、オンラインで並行して販売を行う事で、売上の相乗効果を狙う事ができます。食料品などと比較して、賞味期限等が当然ないので、販売がしやすいというメリットがあります。またネットとリアルで販売する事で、過剰在庫を抱えるリスクが低減します。この様なメリットを期待して、多くのショップがネット販売を行っています。

更なる効果を狙って、マーケティング戦略を行うには

更なる販売促進効果を狙って、戦略的にマーケティング活動を行う事も可能です。多くの店舗で行っているのはメールマガジン等の定期的な発行です。これを効果的に行う事で顧客の潜在的なニーズに効果的に訴求する事が可能となります。顧客側としても、バーゲンやセールなどの情報を定期的に受診する事で、自分の欲しい商品を購入するタイミングの目安になります。リアルでもオンラインでも営業戦略の基本は継続的なアプローチである事に変わりはありません。

O2OとはIT用語のひとつで、インターネット上の活動がオフライン(実店舗)の購買行動に影響を及ぼすことを意味します。

Categories: 未分類

Comments are closed.