トイレットペーパーを一度に大量に流さない

トイレ詰まりを起こしてしまうと、詰まりをとるために時間を割くことになる他、水がはねて汚れてしまったり、詰まりがとれずに業者を呼んでお金がかかるなど、色々と困ることになるものです。一番良いのは、トイレ詰まりを起こさないようにすることであり、そのためにできることと言うのは結構あるものです。その一つが、一度に大量のトイレットペーパーを流さないと言うものです。大量のトイレットペーパーが一気に流れ込むことで詰まりやすくなりますので注意が必要です。

流す時は少しずつ行う

もし、ついうっかり大量のトイレットペーパーを便器の中に溜めこんでしまった場合は、少しすくい取ったりしてから、一度流して、その後に残りを流すと言った方法で対処できる場合もありますが、手間ですし、汚れてしまう恐れもあります。そこで覚えておきたいのが、水を少しずつ流すと言う方法です。大のレバーを一気にひねってしまうのではなく、少しずつレバーを動かして行き、ちょっとずつ水が流れるように工夫するのです。そうすることで、トイレットペーパーが一気に流れ込むのを防ぎ、少しずつ流して行くことができて、上手く流れてくれることがあります。

トイレットペーパー以外の物を流さない

よく街にある色々な施設のトイレに「備え付けのトイレットペーパー以外の物を流さないでください」と言う注意書きがありますが、これを守らないとトイレ詰まりの原因になりますので、注意が必要です。例えば、自宅の場合ですと、ペットのフンを流すとトイレ詰まりが起きやすい場合があります。少量であったとしても、それをトイレットペーパーでくるんで流したりすると、詰まってしまう場合がありますので、十分注意することが必要なのです。

配管に破損が生じると水漏れが生じますが、そのまま放置すると周囲の建材が損傷してしまうことがあります。水道の使用量が急激に上昇すると配管に異常が生じている可能性があるので速やかに対処することが大切です。

Categories: 未分類

Comments are closed.